sen+メニュー
sen+top sen+システム 家づくりの流れ 登録建築家 sモデルプラン
SEN+システム

SEN+の低価格の理由

「建築家」でもない、「ビルダー」でもない、第三者機関の『エスリンク』が、客観的な立場からコスト削減に取り組んだ結果、可能となった家創りです。
建築家の作業量を最小限にして、コスト削減しました!
通常建築家は建主様と設計監理契約を結び、基本設計から詳細設計、構造設計や設備設計、
そして工事監理など多くの作業を一手に行います。
SEN+は、計画の方向性を左右する重要な基本設計のみ建築家に作成していただき、
その他の設計作業はビルダーが行います。
重要な要点をしっかり抑えながらも、建築家の作業量を減らすことにより、
大幅なコストカットが実現しました。
つくり込まずに、コスト削減しました!
建築家が手掛ける住宅は、造り付けの収納家具など様々な造作工事が発生します。
それらは現場で人の手で作るため大きな手間費用が掛ります。
そのため収納などの造作工事を極力無くし、工事手間を削減しました。
収納家具などは、IKEAなど上質なデザインの低価格な家具を御購入いただき、収納家具選びの楽しさも同時に感じていただきます。
シンプルで、コスト削減しました!
複雑な形状にすると、建物コストは大きく上がりますので、
シンプルな箱型と勾配屋根を基準に設計します。



慣れた納まりと仕様で、コスト削減しました!
建築家が設計する各々独自の納まりと仕様を手掛けて行きますと、手間が掛ってとても
割高になります。
納まりと仕様に関しては、普段ビルダーが施工する施工しやすい方法を採用します。
もちろんデザイン的に重要な部分は、建築家とビルダーで相談しながら進めます。

価格を抑えられるビルダーのみが参加して、コスト削減しました!
SEN+の設定している表示金額は建築家が設計する住宅としては、非常に低価格な
設定ですので、割高なビルダーは一切参加出来ません。
価格的に競争力のある厳選されたビルダーだけがSEN+を提供できます。
そして建築家との信頼関係が築けるビルダーであることも条件です。


SEN+の関係図

SEN+の関係図
  • 建築プロデュース機関のエスリンクの建築家ネットワークを利用した「一千万円台の住宅」です。
  • SEN+に在籍する建築家の中からデザイン監修を担当する建築家をお選びいただけます。
  • 許容応力度計算による建築基準法の1.25倍である「耐震等級2」以上の耐震強度を標準としています。
  • 建主様は、工事請負契約と設計監理契約をビルダーと締結します。
  • 建築家は基本計画作成とデザイン監修としての立場から計画に参加しますので、建築家とは設計監理契約を結びません。

SEN+の家づくり

建築家がデザインします

住宅を中心に活躍する厳選された建築家 が、たった一つの我が家をデザインします。

構造計画による高耐震強度

許容応力度計算による構造計算で、建築基準法で定める基準の1.25倍である「耐震等級2」以上を標準仕様として実現しました。

価格
  • モデルプラン

※上記は建築本体工事費用です。
※表記金額にデザイン料、構造計算料、地盤調査費用、確認申請手数料、検査費用含みます。